南方神社(鹿児島県)

<スポンサードリンク>

鹿児島中央駅から指宿枕崎線で約1時間ほど列車に揺られ、砂蒸し温泉で有名な指宿駅の次の駅である山川駅近くの神社は知る人ぞ知る神社であることをご存知でしょうか?

山川駅から約10分程度歩くと成川公園という公園の隣に「南方神社(みなかたじんじゃ)」は鎮座されています。

「南方神社」は、主祭神が信州の「諏訪大社」と同じ神様を祀っているので、この辺りでは「お諏訪様」と呼ばれています。

細長い境内をしている「南方神社」の一の鳥居を抜け、二の鳥居を抜けるとこじんまりとしているが、歴史を感じさせる朱色の梁や柱の本殿、拝殿が見えてきます。

本殿、拝殿は玉垣に囲まれており、玉垣の中に手水舎があるという珍しい造りをしています。

この周辺の方はもちろん、県外からも「厄払い」に訪れるほど、開運に効果を期待できる神社で、訪れた方の中には「この神社を訪れた次の日に宝くじが当たった!」という噂を耳にして、わざわざ鹿児島の端の南方神社まで足を運ばれる方もいらっしゃいます。

境内の雰囲気は特に派手な印象はないのですが、境内に足を踏み入れた瞬間、鳥のさえずりと風の音しか聞こえず、自分の心臓の音が漏れ聞こえてしまうのではないかと思うほど、張り詰めた空気を感じます。

しかし、お参りをするといつの間にか、空気が心地よい柔らかさになっており、その場から離れ難いと思うほど居心地がよくなります。

開運効果を感じている方のほとんどが、南方神社の境内で腰をかけて水を飲みながら、しばし休息をしたという方が多いので、南方神社を参拝される方は時間にゆとりをもって伺われるといいかもしれませんね。

 

【由緒】

「南方神社」は、古くは「諏訪大明神」と呼ばれており、成川村の惣鎮守でした。

創建については不明ですが、一説によると中世に指宿辺りを支配した伴姓頴娃氏の創建とも言われています。

時代が進み御神徳の高い神々を勧請することが流行し、今のご祭神よりも強い神様への期待から一緒に祀られるようになり、いつしかその強いご祭神が表に出て、古くからのご祭神がお隠れになってしまい、さも古くからのご祭神だったかのような印象を受けることになります。

このように新しい神様を連れてきて祀るのが、「勧請型神社」と言いますが、「南方神社」も古い神様がお隠れになって新しい神様がいらっしゃった「勧請型神社」だと考えられています。

お隠れになった「南方神社」の古くからの神様は女の神様だ!という言い伝えが残っており、「神様の前で子供を叱ると、叱った大人にばちが当る」という話や戦前には「社殿に上半身だけが見える女の神様がいた」という目撃談も伝わっています。

伝承にあるように「南方神社」には有名な女の神様が祀られていますが、この神社を信仰する地域の人々にとっては、一般にはご祭神とされている神々とは違う神様が鎮座されている様に思われます。

明治時代になり神社のランク付や小規模神社の統廃合の波が押し寄せ、「南方神社」も二柱だった神様が九柱まで増えました。

九柱まで神様が増えたため、ご神徳も多岐に渡っており、五穀豊穣、交通安全、旅行安全、安産、子授け、醸造、厄除、勝負事などが主なご神徳です。

 

【ご祭神】

建御名方命(たけみなかたのみこと)

八坂刀売命(やさかとめのみこと)

瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)

木之花咲夜姫(このはなさくやひめ)

事勝国勝長狭命(ことかつくにかつながさのみこと)

興玉命(おきたまのみこと)=猿田彦神

応神天皇(おうじんてんのう)

永吉門のご祭神、小川門のご祭神(小川の鎮守大明神に祀られていた神様)

 

【主な行事】

鎮守神社祭(旧暦1月7日)

春祈祷(旧暦1月21日)

古例祭(旧暦7月27日)

御旗立(おはたたて)(例祭の7日前)

例祭(10月28日)

グレ(宮入れ)(10月後半の土、日曜日)

成川神舞(かんめ)(10月後半の日曜日)

霧島祭(旧暦11月初酉の日)

 

【南方神社ホームページ】

http://www.synapse.ne.jp/t-fuku/

<スポンサードリンク>

コメントを残す